屋根点検

屋根点検 · 2018/07/11
地元の工務店さんのお客様ですが、訪販営業の方に「瓦がズレていて危ない」と葺き替えを勧められたので点検して欲しいとの依頼です。 屋根に上がらせて頂くと、新築時以降に別の業者さんが漆喰工事を行った形跡がありました。適切な量ではないため、棟部の雨仕舞が悪くなっている状態です。 地震等の影響や経年劣化により棟部や壁際の瓦にズレが生じていましたが、屋根全体を葺き替える程ではありませんでしたので、修繕をご提案させて頂きました。 費用をかけて屋根全体を葺き替えるというのも一つの提案かもしれませんが、築40年以上経ってるご自宅をこの先あと何年維持していくかという事をお客様と考える方が自分は重要だと思います。 葺き替えなくても「瓦は直る!」 部分的な修繕が行えるのも瓦のメリットの一つですね!(^^)/
屋根点検 · 2018/06/14
本日は化粧スレート屋根の点検に伺わせて頂きました。お客様の方から数ヶ月前に庭の方でトタンを発見したとの報告がありましたので点検させて頂くと…棟部の板金が強風により飛ばされたようです。数ヶ月前よりもっと年月が経っているようで下地の材木も痛み無くなっていました。飛ばされていない棟部分も金属の収縮により止めつけ釘が緩んでいましたので、メンテナンスと棟部の修繕をご提案させて頂きました。 住宅街でしたので、ご近所に被害が出なくて良かったです(-_-;)
屋根点検 · 2018/04/18
本日の屋根点検は、塗装屋さんの依頼で化粧スレートで葺かれたお宅に伺わせて頂きました。 屋根材は化粧スレートでしたが、製法の違いにより小口から雨水を吸い上げ、凍害などの影響から剥離が起こっている状態でした。 状態から再塗装は難しいと考えられますので、金属屋根によるカバー工法をご提案させて頂く予定です。 化粧スレートは塗装をすれば強度が上がるという情報を耳にする事がありますが、屋根工事業の一個人の意見からすると、必要性というのは微妙なラインだと思います。
屋根点検 · 2018/03/31
本日は漆喰のご相談で、点検に伺わせて頂きました。 剥離の原因は経年劣化もありますが、二回目に漆喰工事を行った業者さんが既存の漆喰の上に塗り重ねた事による「塗り過ぎ」も要因の一つとして考えられます。 重ねて塗る「上塗り」も工事としては決して間違った事ではないので、屋根の状態を判断した上で、適材適所で行っていきたいですね。
屋根点検 · 2018/03/27
本日点検させて頂いたお宅は、家の周りが一面、畑!畑!畑! 非常に土埃の多い地域でしたので、毛細管現象が起き雨漏りが発生していました。 毛細管現象とは、瓦の重なり部分に土埃等が堆積し、流れてきた雨水を吸い上げる事をいいます。この現象は台風等の強い雨だけでなく、通常の雨でも慢性的に起こっているものなので、今後の維持のためにも清掃などの早めのメンテナンスが必要かと考えられます。 なかなか専門的で伝わりずらいですが、目には見えない所でも雨漏りは発生している可能性があるので、定期的な点検は大切ですね!