屋根診断・点検


「屋根の棟や瓦がズレている」「漆喰が取れて雨漏りをする」「屋根は塗装をしないとダメになる」等訪問業者さんに言われた事はありませんか?

 

確かに瓦がズレていたり、割れていたりすると雨漏りの原因になってしまいます。また、屋根材によっては塗装が必要な場合もあります。

しかし現状で類似の屋根診断士を名乗り、正当ではない工事を強要している業者さんがいる事も事実です。

 

屋根の事は気になるけど、いったい誰に頼めばいいのだろう?

「誰を信用したら良いのか」その指標となる資格が「瓦屋根診断技士」と弊社は考えております。

瓦屋根診断技士とは?

屋根工事は、本来極めて高い施工技術・技能を必要とする仕事です。したがって、国でもすぐれた技能の持ち主に国家資格を与えています。

[1]厚生労働省・国家資格:かわらぶき技能士(一定の実務経験年数の上に、学科と実技の国家試験に合格した者)

[2]国土交通大臣認定資格:瓦屋根工事技士

「瓦屋根診断技士」は、国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が、

上記[1]、[2]の両資格を合わせ持つ、高い技術、技能を持つ工事技術者に与える資格ですから、わが国では、最も信頼できるプロフェッショナルな資格といえましょう。

瓦屋根診断士は現在全国で2,400名が資格を取得しています。有資格者は認定カードを所持しています。

 一般社団法人 全日本瓦工事業連盟 サイトより抜粋


屋根を点検してみませんか?

いぶし瓦

屋根診断となりますと、診断書等の書類の作成が必要となりますので、一般の方には少々オーバに感じられるかもしれません。

 

 診断までは必要ないけれど専門家に屋根を見てほしいというお客様のために、株式会社 杉本商事では「屋根点検」というサービスを施工エリア内に限り無料行っております。

 

基本的な流れは屋根診断と変わりはありませんが、専門的な診断書等ではなく、その場で点検を行い、お客様に写真画像等を元に屋根の現状を簡易的にご説明させて頂き、今後の維持メンテナンス等のご相談をさせて頂きます。

 

専門家の立場からお客様に安心して頂ける情報を提供すると共に、お客様自身に御自宅に興味を持って頂くことが目的の一つでもあります。

 

  もう一度、一緒に屋根を見上げてみませんか?